Gamers Zone

move to login

CULTURE PCゲームカルチャーに関する情報満載!

katsudionの『LoL』をもっと楽しむための『LoLユニバース』入門【永久保存版】

目次
  1. まずは見て!! 超美麗な「シネマティックトレーラー」
    1. 「The Call」の予備知識 その1(セジュアニとオラフ)
    2. 「The Call」の予備知識 その2(タリヤとカイ=サ)
    3. 「The Call」の予備知識 その3(パンテオン)
  2. そもそも『LoL』って、召喚されたキャラが戦う代理戦争だったのでは……?
みなさん、こんにちは! katsudionです。

いよいよ「LJL 2022 Summer Split」の開幕が6月24日に迫ってきましたが、今日は、『リーグ・オブ・レジェンド』(League of LegendsLoL)の“ゲーム”だけではない部分、壮大に広がる『LoL』の世界観について紹介していきたいと思います。

『LoL』というゲームの世界観やキャラクターのストーリーを知るきっかけとして、2021年、大きな話題を集めたヴァイとジンクスを中心とした物語「Arcane」(アーケイン)は、『LoL』の世界に広がる物語の魅力に触れるきっかけを作ってくれました。


しかし、10年以上に渡ってゲームとともに作り上げられてきた『LoL』の世界は、まだまだたくさんの物語に溢れています。

ゲームをプレイする上でお気に入りのチャンピオンがいても、それがどんな背景を持ったキャラクターなのか、意外に知らない人が多いのではないでしょうか。

今日はそんな方々のために、“自称・LoLユニバースの水先案内人”katsudionが、できるだけとっつきやすそうなところから、『LoL』の魅力的な世界観を知れるコンテンツをご紹介していきたいと思います!


まずは見て!! 超美麗な「シネマティックトレーラー」


The Call | Season 2022 Cinematic - League of Legends (ft. 2WEI, Louis Leibfried, and Edda Hayes)

こちらは、「シーズントレーラー」と言われる、毎年新しいランクゲームのシーズン開始に合わせて公開されるお決まりの動画となっています。毎年どんどんクオリティが上がっていくので、これを楽しみにしているプレイヤーも多いのではないでしょうか。

さて、なぜこれが『LoL』の世界観を知るのにもってこいかと申しますと、実は2018年から動画の内容が『LoL』の世界観「ユニバース」を反映したものに変わってきたからなんです!

特に、Season 2022の「The Call」では、「人が “人を超える何か” に立ち向かう」という構図が目立ちますが、さらにその前日譚となる物語がしっかりと描かれています!

「セジュアニとオラフは何を目指しているのか」「タリヤとカイ=サはなぜ一緒にいるの?」「パンテオンは何に立ち向かっているの?」といったトレーラーでは描ききれていない部分は、ライアットゲームズが公開している「小説」を読めば余すことなく楽しむことができるのですが、膨大な文章を読むのも大変です。

なので、まずは手始めに、「The Call」を見る上でちょっとだけ知っておくとより『LoL』のプレイも楽しめるようになる、世界観のさわりだけご紹介します。

「The Call」の予備知識 その1(セジュアニとオラフ)

https://universe.leagueoflegends.com/ja_JP/story/dead-of-winter/

物語の舞台
フレヨルドはルーンテラの北に位置する年中寒さに閉ざされた地域。その地にさらに厳しい冬の季節がやって来ようとしているようだ。

セジュアニ(チャンピオン)
フレヨルドの覇権を争う3つの部族のうちの一つ「ウィンタークロウ族」を束ねるリーダーの女性。フレヨルドでは代々女性が族長になり”戦母”と呼ばれる。

オラフ(チャンピオン)
“名誉の死こそが部族の誇り”という産まれにもかかわらず、「長寿と穏やかな死」を迎えると予言されて激高。とにかく立派に死ねる場所を探して殴り込みをかけている戦士。今はセジュアニのところで死に場所を探して居座っている。

アイスボーン
大昔にリサンドラが“ある恐ろしい存在”と契約を交わした結果、寒さに強く「真なる氷」を操る力を授かった者たちがそう呼ばれた。今では数は少ないが、その特性が受け継がれているものたちが存在している。

「The Call」の予備知識 その2(タリヤとカイ=サ)

https://universe.leagueoflegends.com/ja_JP/story/hollowspun/

物語の舞台
砂漠に広がる大国シュリーマ。

カイ=サ(チャンピオン)
平凡な10歳の女の子だったが村がヴォイドにのまれ、サバイバル生活を強いられる中で自分に取りついたヴォイドの外皮と奇妙な共生関係を持つことになった。それから10年、ヴォイドと戦い続けながら人々を守っているが、自分の姿が人々に受け入れられないこともまた知っている。めっちゃいい子。

タリヤ(チャンピオン)
石を操る力を持つ少女。特異な力なので誰もその扱い方を彼女に教えることができず、師を求めて故郷を離れた。アイオニアで風を操る剣を持つヤスオに出会い、彼の元で力の扱い方を学んだ。その後、アジールの復活によって故郷が大きな変貌の中にあると知り、家族を守るために帰ってきた。めっちゃいい子。

「The Call」の予備知識 その3(パンテオン)

https://universe.leagueoflegends.com/ja_JP/story/in-battle-broken/

物語の舞台
神々の住まう山、霊峰ターゴン。山頂にたどり着き、神々に選ばれれば神の力を得ることができると言われている。

パンテオン(チャンピオン)
“アトレウス”という人間だった彼は、ターゴンの山頂へたどり着き、神の力を得た。しかし、その神「戦の神髄」はアトレウスを完全に支配し、「パンテオン」として彼の体を乗っ取った。その後、エイトロックスとの戦いで神殺しの剣によってパンテオンが打倒され、アトレウスとしての人格が戻り、神の力を失ったかのように見えた。だが彼は、“力を得るものの破壊しかできない者たち”を止めるために、人としての人生を諦めパンテオンとして戦い続けている。めっちゃいい漢。

神髄
天界に住むとされる神々のような存在。彼らは人と同化し、その体に大いなる力を与えることができる星の運命に何度も関わってきた。本来そういったケースは非常に稀だが今、ルーンテラには多くの神髄の力を得た者たちが存在し、星に大きな変化が訪れる前触れではないかと言われている。


以上の3本の小説が、今回の「The Call」の前日譚に当たる小説です。カイ=サとタリヤが訪れた街「ゾラン」に一体何があったのかがわかる小説もありますので、よかったらチェックしてみてください!

この「The Call」だけでなく、過去のシーズントレーラーにも『LoL』に登場するチャンピオンたちの背景に沿ったシーンが盛りだくさんに描かれています。「まだ見ていない」という方はそちらもぜひご覧になってみてください。

そもそも『LoL』って、召喚されたキャラが戦う代理戦争だったのでは……?


ちなみにですが、シーズントレーラーがルーンテラの世界観よりも、サモナーズリフトを意識していた時のトレーラーもご紹介しておきますね!

A New Dawn | Cinematic - League of Legends

派閥に関係なくチャンピオンが肩を並べて戦う、まさにサモナーズリフトといった感じでこちらもいいですよね!(ノーチラスがめっちゃ大きいのが最高です)

いまでも時々、ネットやSNSなどで「なぜ『LoL』のチャンピオンたちは、サモナーズリフトという場所で戦っているの?」という質問を見かけます。

実は10年以上前は、「このままではルーンテラ全土で戦争になってしまうので、それを避けるための代理戦争の場として、チャンピオンとして参加する者たちとそれに指示を出すサモナー」という構図があったのです。

この記事の続きを読むには、ログイン、または会員登録(無料)が必要となります。

会員登録して続きを読む

WRITER RANKING プロゲーマーやゲーム業界人などの人気ライターランキング