Gamers Zone

move to login

GAME PCゲームで勝ち抜くための情報満載!

【これから始めるPCゲーム】「GeForce NOW」の始め方 高負荷がかかるPCゲームも楽々ストリーミングプレイ!

目次
  1. GeForce NOWなら ストリーミング配信でゲームを楽しめる
  2. GeForce NOWはゲーミングPC導入前の人にオススメ
  3. インターネットの回線速度が重要
  4. GeForce NOWアカウントを作成しよう
  5. 専用アプリケーションをインストールしよう
  6. デジタルストアのアカウントを連携して プレイ開始!
  7. フリープランとプレミアムプランの違いは?
    1. プレミアムプランの登録方法を解説
日々さまざまなゲーム作品が生まれているPCゲーム市場では、全世界を賑わせるAAA級タイトルや玉石混交溢入り乱れたインディータイトルなどなど、数え切れないほどのコンテンツがユーザーを待ち受けている。

しかし、中には「最新PCゲームを遊んでみたいけど、要求スペックを満たしていないから遊べない」といったユーザーや、「ビジネス用途のPCしか持っていないけど、気になるPCゲームがある」というPCゲーム初心者が一定数いるのも事実だろう。

そこで今回は、高スペックを要求するPCゲームでも手軽に遊べるクラウドゲームサービス「GeForce NOW」の使い方をご紹介。サービス概要をはじめ、アカウント作成方法やゲームプレイまでの手順を画像付きで解説していく。

GeForce NOWなら
ストリーミング配信でゲームを楽しめる

GeForce NOWはクラウドゲームサービスの一種。自前のPCで直接ゲームを動作させるのではなく、インターネット上のサーバーでゲームを動かし、ユーザーのPCへ映像データのみを送信する仕組みとなっている。

勘違いされそうだが、ゲーム作品自体は別途デジタルストア(Steam等)で購入しておく必要があるため、サービス料金+ソフト代がかかる。「Xbox Game Pass」や「EA Play Pro」のようなサブスクリプションではサービス加入期間中しか遊べないのに対して、GeForce NOWはゲーム自体はユーザーが所有するかたちだ。

▲「GeForce NOW Powered by SoftBank」の公式ページ

GeForce NOWを支えているのは、いわゆるストリーミングと呼ばれる技術だ。「ユーザー側であれこれ操作できる映像」だと思ってもらえれば話が早い。ゲームの動作にまつわる処理はサーバー上で行うため、ユーザー側のPCにかかる負担をグッと減らすことができる(ボタン入力等の情報を送信するだけ)。このサービスを使えば、要求スペックの高いPCゲームでも負荷をそれほど気にせずに楽しめる……というわけだ。

国内のGeForce NOWはプロバイダー事業を展開するSoftBankとau(KDDI)から提供されており、一部のプラン等でやや違いは見られるものの、サービス内容と基本料金はおおむね共通となっている。ちなみに、携帯電話等でSoftBankとau以外のプロバイダーを利用している場合でも、GeForce NOW自体は問題なく登録できる。

今回は「GeForce NOW Powered by SoftBank」を例に利用方法やプラン登録の手順を解説する。

GeForce NOWはゲーミングPC導入前の人にオススメ


GeForce NOWは他にはない新しいサービスのため、自分に合うのかどうか、どんなユーザーにオススメなのか、といった部分がわかりにくい面もある。そこで、GeForce NOWのメリットと、その恩恵を受けられるのはどんなユーザーなのかを考えてみよう。

GeForce NOWを利用する4つのメリット
  • PCスペックをあまり気にせずにゲームが楽しめる
  • スマートフォンやPCなどマルチデバイス間でゲームが楽しめる
  • Steam、Epic Game Store、Originなどの主要なゲームストアに対応
  • 1100タイトル以上のPCゲームに対応

GeForce NOWはクラウドゲームサービスという性質上、インターネットの回線速度さえ安定していれば、PCスペックに左右されずゲームをプレイできるのがポイント。

またデバイスの買い替え時、GeForce NOWに登録していればゲームを再インストールせずに遊べるのも大きなメリットだろう。対応済みゲームタイトル数も申し分なし。基本プレイ無料タイトルも90作ほど作動できる(2022年4月時点)。

▲対応済みタイトルはGeForce NOWの公式ホームページに記載。テキスト入力による検索も可能

インターネットの回線速度が重要


GeForce NOWのシステム要件は使用するデバイス(PC・スマートフォン等)で変わるため、まずは公式ページを確認いただきたい。

ただ、いずれの場合もインターネットの回線速度が非常に重要。というのも、回線速度が遅いと満足にストリーミングを行うことができず、「ボタンを押しても画面が反応しない」、「映像の画質が安定しない」といった不具合が生じてしまうからだ。

この影響はスピーディーな動作が求められるFPSアクションゲームだと特に顕著。ゆえに、PCでの利用を考えているなら有線接続、スマートフォンなら高速通信に対応した環境を前もって整えておこう。

▲サービスを利用する前に式ページでシステム要件を必ずチェックしておくこと

GeForce NOWアカウントを作成しよう

GeForce NOWのサービス内容をおさらいしたところで、さっそくサービス利用までの手順を見ていこう。今回は「GeForce NOW Powered by SoftBank」を例にアカウント作成までの流れを説明する。

まずは公式サイトにアクセスして「フリープランに登録」(無料)をクリックし、案内に沿ってユーザー情報を入力していく。

▲仮登録ページでメールアドレスを入力

▲ログインIDやパスワード等のユーザー情報を入力

▲ユーザー情報を入力後、専用アプリケーションのダウンロードおよびインストールへ進む。合わせて登録完了メールも確認しておこう

専用アプリケーションをインストールしよう

アカウント作成の完了後、GeForce NOWの専用アプリケーションを各種デバイスへインストールする。今回はPC(Windows)での利用を例に紹介していく。

▲ユーザー情報を入力したら「Windows PC」の下からアプリをダウンロード

▲ダウンロードしたインストーラーからアプリケーションを立ち上げる。メインページ右上の「ログイン」をクリック

▲GeForce NOWプロバイダーのログイン画面で使用中のプロバイダーをクリック

▲自身の生年月日を選択。通知&エラーログの設定はお好みでOK

デジタルストアのアカウントを連携して
プレイ開始!

アカウント作成→専用アプリケーションの導入と進んだら、後はアプリケーション上でデジタルストアのアカウントを連携するだけだ。今回はSteamアカウントを紐づけてライブラリー内のゲームを起動していく。

ちなみに、Steamで購入したゲームのセーブデータがある場合、GeForce NOWでも同様のデータで遊ぶことができる。「手持ちのPCだと動作が重くて不安定」といった際はGeForce NOWを利用すると良いだろう(ローカルデータとクラウドデータが競合する場合はどちらか一方へ置き換えが必要)。

▲メインメニュー右上のアカウントアイコンをクリックし、接続欄から連携させたいストアを選ぶ

▲ストアの公式ページでサインイン(IDとパスワード入力)

▲アカウント連携に成功すると、Steamで購入したタイトルがGeForce NOWアプリケーション上に表示される

▲ライブラリーをチェックして任意のタイトルを選択。購入元のストアを選んでプレイをクリック

▲GeForce NOW上で『サイバーパンク2077』の起動に成功。回線速度が安定していれば遅延の心配はほぼ感じられない

▲GeForce NOWのメインページにはジャンルごとに注目タイトルが並べられている

▲バトルロイヤルゲーム『Apex Legends』をプレイ。遅延を極力抑えるなら有線接続がおすすめ

フリープランとプレミアムプランの違いは?

最後はG、eForce NOWの利用料金について説明しよう。

「GeForce NOW Powered by SoftBank」では基本無料のフリープランが用意されているが、連続プレイ可能時間をはじめ、インターネット接続が混雑した際の遅延、およびリアルタイムレイトレーシング未対応……などなど、利用面でやや制限が設けられている。

一方のプレミアムプランは月額1,980円(税込)こそかかるものの、インターネット接続の混雑時でも優先的にアクセスできるほか、最大6時間まで連続ストリーミングプレイ可能。リアルタイムレイトレーシングにも対応しているため、高精細な映像表現をウリとするゲームも問題なく遊ぶことができる。

ストリーミングプレイ自体はどちらのプランでも行えるので、まずはフリープランを試しつつ、サービス内容が気に入ればプレミアムプランへ移行すると良いだろう。

▲プレミアムプランへのアップグレードは公式サイトのアカウントページから行う

プレミアムプランの登録方法を解説


▲GeForce NOWのアカウントページから「プレミアムプランをチェック」をクリック



▲プレミアムプランの料金(1,980円)を確認後、支払い方法およびユーザー情報を入力。支払いはクレジットカードやPayPay払いなどが利用できる


▲クレジットカード払いを選んだ場合はカード情報を入力。カード会社や金融機関によっては認証キーなども要チェック

▲プレミアムプランの登録完了後、アカウントページでアップグレード反映を確認。

今回ご紹介した手順を押さえればGeForce NOWをすぐに使えるようになるはず。より詳しい使い方は公式サイト内のGeForce NOW スタートマニュアルをチェックしよう。


GeForce NOW POWERD BY SoftBank
https://cloudgaming.mb.softbank.jp/
GeForce NOW Powered by au
https://cloudgame.auone.jp/


WRITER RANKING プロゲーマーやゲーム業界人などの人気ライターランキング

WRITER RANKING プロゲーマーやゲーム業界人などの人気ライターランキング